読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとっちょサラリーマンの日々雑感

人生折り返した、名古屋市在住、ダブルインカムノーキッズ、冴えない中小企業サラリーマンの日々雑感、中年の悲哀などなど

社会保険に入りたくない!

総務の仕事をしていて、

 

やっかいな作業の一つに、給与事務がある。

 

就業規則、税金、社会保険雇用保険、市区町村

 

などなどと絡みがあって、個人の権利、

 

生活にも非常に大きく関わっている。

 

うちの会社は、中小企業にしては、

 

結構、しっかり、給与事務を行なっているほうだと自負している。

 

パートでも時間数が毎月120時間以上であれば、

 

社会保険に加入義務がある。

 

【500人以上雇用の大企業ならば、毎月のそれは、80時間以上だ。】

 

うちも数ヶ月に一度は、パートの就業時間数をチェックしているが、

 

目先の収入にとらわれたり、旦那の扶養に加入中がどうとかで、

 

なかなか入ろうとしない従業員が、一定数いる。

 

加入した方が、手厚い国のサービスも受けれるし、半分費用は会社負担なんだから、

 

従業員は、加入しない手はないでしょう。

 

と、個人的には思う。会社は経費負担が増えるけど、、、。

 

入りたくない従業員対策としては、

 

就業時間数を減らしてもらうしかない、

 

それでも120時間の就業時間数を何回もオーバーするようなら、

 

おどしをかけて、退職勧告するしかない。

 

結構、社会保険の調査があるからだ。

 

違反してても、罰則金までは、なかなかないだろうが、

 

2年間を遡って労使双方追徴される可能性は、

 

大いにある。いまは先述した法律も変わった。

 

中小企業の社会保険逃れがけっこうあるからだ。結構な経費負担があるからだ。

 

追徴額は、月120時間前後労働なら、

 

ざっと労使双方合計で100万円前後だ。

 

非常に痛い。会社も痛いが、金さえ払えば、終わりの世界だ。

 

だけど、従業員は大変だ。

 

50万円の支払いは非常に痛いのは当然だ。

 

一度に払えるかというのもある。最悪、会社が立て替えないといけない。会社責任だ。

 

もっとややこしいのは、2年間遡って加入と

 

いうことになるんだから、今までの旦那さんなどの扶養から外れないといけない。

 

旦那さんの会社の旦那さんに対する評価にも

 

もしかして影響するかもしれない。

 

旦那さんの扶養手当にも影響するかもしれない。

 

病院にもしかかっていたら、健康保険の加入先が変わるのだから、

 

いったん、払い戻しなどして、精算事務が必要になってくる。

 

社会保険料に影響があるということは、

 

税金にも影響が出てくる。所得税と住民税、

 

こちらも煩雑だ。これらの作業も考えただけで途方にくれてくる。

 

これらは、全部、従業員個人がやらなければいけない事務作業だ。

 

会社も誰もやってくれない。

 

何度も関係役所へ出向かなければならないかも知れない。

 

自分の仕事にも影響してくるだろう。

 

こんなことにならないように、

 

会社から社会保険加入について何か言われたのなら、

 

素直に指示に従って欲しい。

 

自分のためなのだから、、、、。

 

⇒大切なひとのために、大切な人が糖尿病になってしまったら、、、。

身体が一番大切です。日常のケアのおともに ⇒ 

 

広告を非表示にする